高校生

させられる勉強から、する勉強へ…。エクシードは、生徒を変えます。

高校生コースについて

部活を終え通う塾・予備校が「大学受験のため」と称し、学校とは異なる単元・進度を扱っている場合、学校に加えて塾の予習復習もしなくてはなりません。果たしてその両立は時間・労力的に可能なのでしょうか。ともすると、どちらの内容も身につかずにそのまま高校3年生になってしまうこともあるでしょう。エクシードでは、高1・高2の間は高校の進度に沿って授業を行います。新たに別の単元を勉強しなければならないという負担はありません。塾では学校と同じ単元を重要・発展問題を中心に勉強することで、より効率的な学習成果を生むことができます。

 

大学受験といえども、その基本は高校の教科書内容です。それならば、高1・高2時は、まず高校の定期テストレベルの内容を確実に自分のものにすることが大切です。高1・高2時にしっかりとした基礎が出来ていれば、それを超える入試問題の内容は、3年生の1年間で十分身につきます。エクシードの勉強法の正しさは、神戸大トップ合格など、過去の卒塾生の合格実績が実証しています。


 

エクシードの定期テスト対策授業は、高1・高2生のモチベーション(やる気)を高めるのに非常に有効的です。定期テストに向けて「学習の計画性を持つ習慣」が身につき、「その結果としての成功体験」を得ることができます。それらは、受験勉強を続けていくうえで必要不可欠なものになります。

 

 

高校生コースについて

個別指導の質は、講師で決まるといっても過言ではありません。講師をアルバイト募集で安易に採用している塾が多い中、エクシードでは卒塾生の中から学力が高く、気質も良い人物を選び採用していますので、講師の指導力は心配ありません。また、講師がコロコロ代わることもありません。

 

大学受験・高校受験で多くの実績を生み出してきた合格へのノウハウや、指導方法を個別指導にも反映させています。個別指導だからといって、指導が甘くなることはありません。

 

エクシードのクラス授業と同様に単元の導入部分の解説を詳しく行い、生徒の「理解」を重視します。
「わかる?」と聞いて「わかる」と生徒がうなずくだけでは意味がありません。「生徒が自分の力で解けるようにする」ことが授業の目的です。
生徒自身の目標は目先の定期テストであっても、塾側は彼、彼女らの将来(大学受験)を見据えて指導を行います。

 

映像授業との併用で一流プロ講師による解説授業を受けることができます。しっかりと理解した上で個別指導による問題演習を行いますので、より高い学習効果が得られます。



基礎からやり直さなければ…。
学校の評定や推薦を確保したい…。
集団指導の授業では、ついていけるかどうか不安…。

という人はもちろん、
塾に真面目に通ったのに結果がでない…。
大学受験の指導を個別指導塾に任せられるのか…。

そんな悩みを持つ高校生・保護者様のための学習環境がここにあります。